ころもほすてふ あまのかくやま (ロゴナンバー:2976346 1752287)

a0003694_11585751.jpg春すぎて 夏きにけらし 白妙の 衣干てふ 天のかぐ山
(百人一首#002)

意味:いつか春も過ぎて、夏が来たらしい。香具山で禊(みそぎ)をする乙女たちの白い斎衣が干されているという。

読み:はるすぎて なつきにけらし しろたえの ころもほすちょう あまのかぐやま

作者:持統天皇(645~702)第41代天皇
[PR]
by clairvoyant1000 | 2005-07-02 12:03 | 6)ロゴナンバー


<< 顧客情報収集力をアップ わかころもては つゆにぬれつつ... >>