<   2011年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

困っているひと

大野更紗は、自分の身体を愛おしく思っているに違いない。だから、自殺をギャグとして書くことができるのだ。

彼女は、ひとに読んで貰いたいから書いたのではない。その文章は書かれたがっていた。そして、書かずにはいられなかったから書いたのだろう。


#100:書くゆえに我あり
[PR]
by clairvoyant1000 | 2011-08-29 12:20 | filler

ちいさな哲学者たち



いまにして思えば、人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ気がする。そして、大人になるにしたがい、失っていくものがあるということも。
[PR]
by clairvoyant1000 | 2011-08-19 12:24 | filler

本末転倒なこと

幸福というものは、
ひとりでは決して味わえないもの
と、アルブーゾー は言う。

だから、同じ価値観を持った
者同士で幸せを求める
宗教というものが
ビジネス・メソッドとして
機能しているのだろう。

しかし実際、
人は、幸福になるためによりも
幸福だと人に思わせるために
四苦八苦している
と ラ・ロシュフーコー は言う。

はたから見て 
信仰していなくても幸せな人はいる。
信仰していても不幸な人はいる。

それ自体の不幸なんてない。
自ら不幸を思うから不幸になるのだと
宗教は教えるかも知れない。

それはそうだろう。
しかし、
幸福よりも信仰が大事な人は
はたして幸せなのだろうか?
[PR]
by clairvoyant1000 | 2011-08-07 17:00 | 9)心とspirit

不安感について

いま、直接被災していない人たちにも精神的に不安定な状態に陥っているひとは多いのではないだろうか。

その原因は、巷の情報に振り回され自分の感性を信じることができず「これからどうなってしまうのだろう」という気持ちからかもしれない。

大切なのは平常心でいること。そうすれば直感が働いてくだらない情報に振り回されないですむ。未来がどうなるかなど分かるわけがなく、誰にも予想はつかない。だからこそ、今この時間を生きることが大切なのだ。

明治以来、日本はすさまじい勢いで発展を遂げてきたといわれる。当時の政府が中央集権国家を作り、政治制度や言葉などを「画一化」してきた成果だろう。そして、従順で勤勉な我々の祖先が一丸となって国を支えてきたからこそ、いまの日本があるのだと感謝している。

おかげで、経済大国と言われるようにはなったが、近年になって様々なところにほころびが表れてきた。その背景には、情報化社会と世界のグローバル化があると思う。

情報化社会は相互間の情報が違うことにこそ価値が生まれるものだから、「画一」では意味の無いものになってしまう。種類の少ない民族や言語で構成されているこの国では、世界の情勢が急速に変化しているにもかかわらず画一社会のため対応ができず、知らない間に取り残されてしまったというのが実情だろう。

明治以来つづいてきた「画一化」は、DNAに埋め込まれてしまったかのように、我々は物事を画一的に思考してしまいがちである。そう思わない場合でも、周りを見渡してなるべくほかの人と違わないように振舞う。画一化という過去の成功体験から逃れられず、多様な価値観というものを認めない。というより、理解しようとしていないのが問題だと思う。

しかし、これからは「多様性」がもっと許される日本になるべきではないだろうか。

ある人のゴミは、別の人の宝という諺は、価値観の違いを述べたものだし、他人とは、自分自身の心を読み取ることのできるレンズであると、エマーソン(米国の哲学者)は言った。私にとってこれは、インターネットで様々な人の意見を知るにつけて痛感する言葉である。

日本でユニークというと、「珍しい」とか「変わった」の意味で用いられるが、英語の unique は「唯一の」「無類の」「個性的」が第一義である。「エスニック・ダイバーシティ」という言葉は、私がマンハッタンで生活しているときに実感した。人種の多様性がダイナミックに働いてこそ相乗効果をもたらすという意味だ。

これから日本がどこへ向かっていこうとしているのか?周りを見回しても分からない。世間の空気など読もうとするのではなく、自分自身の感性を信じて判断するべきなのだ。

だから、不安を抱えて生きるより、今のこの時間を自分のために生きること。そして、後悔しない日々を送りたい。結局、皆の心が平安でいることが、すべての平安につながる。

やもしれぬ閉塞感のようなものを持っているとすれば、それはその人自身が持っている価値観によるものだ。
[PR]
by clairvoyant1000 | 2011-08-06 15:09 | 9)心とspirit