ふしのたかねに ゆきはふりつつ (ロゴナンバー:6354255 8266944)

a0003694_235550100.jpg田子の浦に うち出でて見れば 白妙の 富士の高嶺に 雪はふりつつ
(百人一首#004)

意味:田子の浦に出てみると、はるか富士の高嶺に雪が降り積もっている。

読み:たごのうらに うちいでてみれば しろたえの ふじのたかねに ゆきはふりつつ

作者:山辺赤人(生没年不詳)奈良時代初期の宮廷歌人。
[PR]
by clairvoyant1000 | 2005-07-06 23:54 | 6)ロゴナンバー


<< #18: 歩き続けなさい なかなかしよを ひとりかもねむ... >>