なかなかしよを ひとりかもねむ (ロゴナンバー:5252380 6492757)

a0003694_21203328.jpg足曳の 山鳥の尾の しだり尾の 長々し夜を 獨りかもねむ
(百人一首#003)

意味:山鳥の長い尾よりも、いっそう長いこの秋の夜を恋しい人と離れて、寂しく一人寝するのだろうか。

読み:あしびきの やまどりのおの しだりおの ながながしよを ひとりかもねん

作者:柿本人麻呂(生没年不詳)人丸とも呼ばれる。持統天皇~文武天皇時代の宮廷歌人。
[PR]
by clairvoyant1000 | 2005-07-05 21:26 | 6)ロゴナンバー


<< ふしのたかねに ゆきはふりつつ... 顧客情報収集力をアップ >>