今の瞬間はプレゼント

とても暖かく穏やかなお正月である。朝起きて、アパートの屋上で初日の出に手を合わせ、この1年のことを祈願した。年の初めとして自分に言い聞かせるために、ディーパク・チョプラ(インド出身の思想家)の言葉を記する。



「悲しみ」「怒り」「失望」は我々自身の感情であり、外部にその由来があるのではない。自分の置かれている環境は自分が作りだしたものである。我々の心を乱すような状況があった時、それを自分の責任として受け入れる。

過去は歴史であり未来は神秘だ。そして今の瞬間はギフトである。だから、今の瞬間を"プレゼント"と呼ぶのだ。The past is history, the future is a mystery, and this moment is a gift. That is why this moment is called "the present".


関連して面白い話を見つけた。
86,400ドルの銀行
次のような銀行があると考えてみましょう。その銀行は、毎朝あなたの口座へ86,400ドルを振り込んでくれます。同時に、その口座の残高は毎日ゼロになります。つまり、86,400ドルの中で、あなたがその日に使い切らなかった金額はすべて消されてしまいます。あなただったらどうしますか。もちろん、毎日86,400ドル全額を引き出しますよね。僕たちは一人一人が同じような銀行を持っています。

それは時間です。
毎朝、あなたに86,400秒が与えられます。毎晩、あなたが上手く使い切らなかった時間は消されてしまいます。それは、翌日に繰り越されません。それは貸し越しできません。毎日、あなたの為に新しい口座が開かれます。そして、もし、あなたがその日の預金を全て使い切らなければ、あなたはそれを失ってしまいます。過去にさかのぼることはできません。あなたは今日与えられた預金のなかから今を生きないといけません。だから、与えられた時間に最大限の投資をしましょう。そして、そこから健康、幸せ、成功のために最大の物を引き出しましょう。

時計の針は走り続けています。今日という日に最大限の物を作り出しましょう。今日は与えられるものです。だから、英語で「今」をプレゼントと言うのです。

[PR]
by clairvoyant1000 | 2005-01-02 08:16 | 8)文化とcalture


<< アパート探し 2005 >>